FXリフティングチャージ調査ガイドTOP> FXリフティングチャージ> FX投資においてリフティングチャージは気にしなければいけないの?

FX投資においてリフティングチャージは気にしなければいけないの?について

 

リフティングチャージは手数料の一種ですから、FXトレーディングをする際には気になるかもしれません。

 

しかし実際にはほとんどの人がリフティングチャージを考えなくても良いでしょう。

 

リフティングチャージは現引きするときに必要となるものです。

 

ですから買いポジションであっても売りポジションであっても、ポジションをクローズするために反対売買すればリフティングチャージは必要ないのです。

 

リフティングチャージを必要とするのは、FXを利用して外貨両替の手数料を押さえようと考えている人です。

 

例えばアメリカへ行くためにドルが必要となった場合にはFXを利用して手数料を安く抑えることができます。

 

例えば1万ドルの買いポジョションを持ち、それを現金として外貨預金口座へと送金します。

 

そしてアメリカへ行ったときに現地のATMで引き出せばよいのです。

 

外貨預金講座へと送金するときにリフティングチャージが必要となるのです。

 

このようにFXを利用して両替をすれば外貨両替の手数料を節約できます。

 

現引きをする時には通常の売買をするときよりも不利なスプレッドが適用されたり、あるいは手数料を上乗せされたりもしますが、それでも銀行で外貨両替をするときのことを考えればかなり有利だといえるでしょう。

 

銀行では数円程度のスプレッドが設定されていますから、これに比べれば非常に有利でしょう。

 

このような目的でFXを利用する場合を除けば、基本的にリフティングチャージを気にする必要はないでしょう。

 

関連サイト

バイナリーオプションとは?勝率UP手法や勝ち方は?【本音の比較体験】
バイナリーオプションとはルールをまずしっかりと理解することが大切。そして自分にあった業者を選ぶことです。自主規制の噂もあるバイナリーオプション取引について知りたい方はこちら
xn--o9jo1nya9dwfsb7c7h0a7hte3636cv56a.com/

 

FXリフティングチャージ記事一覧

FX投資においてリフティングチャージは気にしなければいけないの?

リフティングチャージは手数料の一種ですから、FXトレーディングをする際には気になるかもしれません。しかし実際にはほとんどの人がリフティングチャージを考えなくても良いでしょう...

リフティングチャージの方が為替手数料よりもお得な状況とは?

FXを利用して外貨両替をするときには、スプレッドが広くなることや送金手数料、リフティングチャージなどが必要となってきます。これに対して銀行などで外貨両替をすれば数円程度のス...

リフティングチャージに必要な銀行口座とFX業者のお得な組み合わせ方法は?

外貨預金口座に入金してもらうためにはリフティングチャージが安い銀行を選ぶ必要があります。日本国内の銀行としては新生銀行があります。新生銀行に口座を開設し、そして外貨...

リフティングチャージはFX業者選びにおいて重要視するもの?

リフティングチャージはFX業者に関連するものではなくて、外貨預金口座を開設する銀行を選ぶときに必要となってくるものです。ですから外貨預金口座を開設するときに重要視するべきで...